今日もランクル日和

40代からはじめる素敵なランクル生活

ランクルの資料

スポンサーリンク

ランクル欲しい病に感染

私はランクル70に憧れてから購入するまでの期間が長い。それこそ20年以上前から欲しかったのです。しかしあまりにも所得が少なすぎたため、自分がランクルを買えるとは思えませんでした。

とは言え、地方に住んでいるとクルマは必需品なのです。代用品とは思いませんでしたが、安価な初代・2代目パジェロの中古を乗り継いで愉しんでおりました。ランクルを意識しだしたのは、前車のSUVに乗っているときです。ATで乗りやすく良いクルマでしたが、ランクルを町中で見かけるたびに比較して、物欲を溜め込んでいたのです。

そんなとき気を紛らわすことができたのが、ランクルの資料でした。

 

ランクルの資料集めは面白い

ランクルの資料と言っても、門外不出の車両データなんて手に入りませんから、主に雑誌・カタログ・書籍・ネットデータなどです。

雑誌

f:id:shiratsume:20191026163109j:plain

f:id:shiratsume:20191026163131j:plain

適当に雑誌を買い集めると置き場が無くなるので、某巨大掲示板を読んでランクル70特集号をチェックしました。そしてヤフオク・メルカリを使い少しづつ集めたのです。

とうに絶版なので、人気のある号は定価の数倍することもあります。法外な価格のモノはスルーしますが。2~3倍くらいなら買ってしまいます。なにしろ出てこないときは数ヶ月待ちは当たり前です。こちらは中身が見たくて仕方ないのですから、完全にカモネギなのであります。

しかし雑誌はタイトルが上手いですね。ランクル好きならすごく読みたくなるでしょう。当たり外れあるけど、雑誌もかなり勉強になりました。雑誌の良いところは、特集以外の広告などを見て当時の雰囲気が分かることです。その時代を生きてきましたから、懐かしさもあります。今ネットを検索しても出てこない情報(廃業したショップなど)もありますから、ランクルを知るための重要な資料です。

今、イチオシの雑誌の雑誌(ムック)はキュリアスですね。

キュリアスアーカイブス (メディパルムック)

キュリアスアーカイブス (メディパルムック)

 

 かなり読み応えあります。オシャレでも今風でもないけど、提灯記事はない。マニアックな内容で、四駆好きなら愉しめますよ。隅から隅まで読んだ雑誌は久しぶりです。

カタログ

f:id:shiratsume:20191026163245j:plain

f:id:shiratsume:20191026163300j:plain

私はコレクターではないので、コンディションは気にしません。読めれば良いのです。フルコンプする気もありません。もちろん全てのカタログを見てみたい願望はありますが、海外カタログなどは入手難易度が高く手を出していません。私の乗っているランクル76のカタログはいずれ前期後期と揃えようと思いますが、BJ時代のランクルカタログをフルコンプする気力はなくなりつつあります。

カタログデータは、細かい部品の形やバリエーションを確認したり、雑誌・書籍に載ってない細かい車両データ見るためです。オプションカタログを眺めるのも愉しいですね。当然今は新品で手に入らないモノばかりですが、たまに市場に出てくることがあります。モノを知っておかないとチャンスを逃すことになります。

ランクル70は、ロングセラーなので年代で仕様が異なります。大雑把には雑誌・書籍で履歴がわかりますが、細かい部品の変更は実車がなければ、カタログ頼みになります。絶版部品の代用を探すときにも役に立ちます。どちらかというとオタク的な要素であり、別に知らなくてもランクルを愉しむことはできます。

書籍

f:id:shiratsume:20191026163339j:plain

ランクル70の書籍は、上写真の3冊と下の書籍くらいだと思います。

トヨタ ランドクルーザー 70系 -世界のワークホース- TOYOTA LAND CRUISER 70 SERIES -The World's Workhorse-

トヨタ ランドクルーザー 70系 -世界のワークホース- TOYOTA LAND CRUISER 70 SERIES -The World's Workhorse-

 

かなり高価なので、まだ買えてません。

他に良い書籍があれば教えて下さい。
書籍の良いところは、詳しく信頼できる情報が手に入ることですね。特に中・右側の書籍はランドクルーザーのバイブルだと思います。繰り返し何度も読めますし、巻末のデータは凄まじいです。これだけ緻密にまとまったデータ本が出版されるのは、ロングセラーで愛好家の多いランクルならではでしょう。

少々高価なのが難点だと言えますが、読んでみると納得の価格です。雑誌とは情報の濃さが違います。ランクルオーナーならば、ランクル辞典として本棚に鎮座すべきであります。

www.landcruiser76.com

CDサービスマニュアル・ネット情報

先にも書きましたが、某巨大掲示板は役に立ちます。私のようなニワカとは違う、長年ランクルに乗ってきたマニアが書き込んでいるのだから、有益な情報がたくさんあるのです。ただし大半は雑談とくだらない書き込みとアラシです。情報を取捨選択して情報の裏を取る必要があります。ランクル70(再販含む)のスレは現在100スレ弱ありますが、私は全てのスレを2回読んでいます。我ながらアホだと思いますが、雑誌や書籍では手に入らない、実体験よる情報、互換性や適合部品の情報は大変ありがたい。

ショップやマニアのWEBページ・ブログも大変勉強になります。特にd-realizeさんのブログは何度も読んでいます。あまりにも次元が違いすぎて理解できないことも多々ありますが、素晴らしいブログでした。今でも多くの整備技術者のバイブルになっています。

今はサービスマニュアルはCDになり。PDFデータとして見ることができます。
パーツリストもネット上にあるので、簡単に品番を調べることができます。
しかもその品番でネット注文できるのですから、いい時代になりました。

www.landcruiser76.com

 

ランクルの資料集めは諸刃の剣

ランクルの資料集めは愉しい。その資料を読むだけで、なんとなくランクルオーナーになった気がする。しかし半可通にならないように気をつけないといけない。なにしろ知識だけは増えていきます。その知識をもとに実際に行動しないと身につきません。

読み終わったら、ランクル欲しいという気持ちが増幅するのです(笑)
最初から分かりきったことです。

実際にランクルを購入するときに、これらの知識はある程度役に立ちました。ひけらかしてもニワカはすぐにバレるので、なるべく触れないようにしますが、バックデータとして持っておくと判断材料になるのです。

ランクルを購入しても、資料集めは続きます。ランクルの興味が無くならない限り終わりはありません。ランクルに乗っていると、次々に知らないことが出てきますから、それを調べるために資料を集めるのです。本当に欲深いと思います。