今日もランクル日和

40代からはじめる素敵なランクル生活

マグネットパワー!

スポンサーリンク

より強力な磁石を求めて

先日、コンベックスの裏面にマグネットシートを貼り付けた記事を書いた。

www.landcruiser76.com

残念ながら、マグネットシートの磁力が弱く、どこでも貼り付けることができなかった。今回は実用できる仕様に改良する。


磁石について学ぶ

永久磁石には多くの種類があるが、一般人でも入手が容易なのは、以下の4種。

・フェライト磁石
一番馴染みのある磁石。酸化鉄が主原料であり、成形焼結する窯業製品。磁力は強力ではないけど、安価で自由なカタチにすることが可能。しかし割れやすいのであまり薄くできない。磁器なので薬品に強く錆びない。ハサミで切れるゴムシート磁石はフェライト磁石粉末を合成ゴムと混合したもの。

・アルニコ磁石
アルミニウム・ニッケル・コバルトを原料にして鋳造された磁石。名称は原料そのままである。原料高騰のためあまり使われていない。高温でも磁力が安定する。

・サマリウムコバルト磁石
サマリウムとコバルトで構成されているレアアース磁石。ネオジム磁石よりも磁力は劣るが、高温での使用が可能である。耐食性にも優れる。

・ネオジム磁石
ネオジム、鉄、ホウ素を主成分とするレアアース磁石。永久磁石の中では最も強力。熱に弱く、錆びやすい欠点がある。比較的安価で強力なので、最近は色んなところで使われている。

【参考】ja.wikipedia.org


磁石も調べていくと面白いけど、普通はフェライト磁石とネオジム磁石の特性を知っていれば事足りる。

フェライト磁石は、誰でも馴染みがあり、子どもの頃から使っている磁石。砂鉄を取ったり、モーター作ったり、工作の仕掛けに利用したことがあるだろう。

ネオジム磁石は1984年に発明されたモノなので、歴史は浅い。誰でも簡単に手に入るようになったのは最近のことだ。初めて使うときは強力な磁力に驚くだろう。大きさによっては磁力で挟まれて怪我をするくらい強力なのだ。


ネオジム磁石を購入

ネオジム磁石はどこでも買えるようになったが、一般個人が買えるWebサイトで種類が豊富なのは、ここかな。

www.e-sangyo.jp

20mm×25mm×1mm厚のネオジム磁石をネット上でかなり探した。しかし薄いサイズは意外に無い。ネオジム磁石はフェライト磁石ほどではないけど、脆くて割れやすいので、薄いと取り扱いが難しく歩留まりが悪いのだろう。

上記のwebサイトで、希望に一番近いサイズ、20mm×20mm×1mmを購入した。
単価96円と非常にリーズナブルであるが、送料が高い。どんなに小さい磁石でもクロネコ宅急便のみである。破損や補償無しのリスクは背負うから安いポスト投函便が選べるとありがたい。

f:id:shiratsume:20190720144009j:plain

ネオジム磁石は錆びやすいので、通常はニッケルメッキが施してある。反射するので上手く写真に取れなかったけど、表面はシルバー。


ネオジム磁石をコンベックスに仕込む

f:id:shiratsume:20190720144051j:plain

f:id:shiratsume:20190720144059j:plain

前回貼り付けた、フェライトゴムシートを剥がす。

f:id:shiratsume:20190720144203j:plain

ネオジム磁石を仮置きする。5mmの隙間が空くが、幅はピッタリである。
少しだけ厚くて段差ができるけど、気持ちよく収まる。

裏面に強力で薄い両面テープを貼り付け固定する。使った両面テープはコレ。

ニトムズ 超強力両面テープ PE・PP用 No.5015 20mm×20m J0990

ニトムズ 超強力両面テープ PE・PP用 No.5015 20mm×20m J0990

 

 このままでも使えるけど、ネオジム磁石はサビに弱いので、さらにカッティングシートを貼り保護することにした。

f:id:shiratsume:20190720144258j:plain

5mmの隙間を埋めるため、1mm厚の両面テープを貼る。

f:id:shiratsume:20190720144323j:plain

www.astro-p.co.jp

ここで、もらったカーボンカッティングシートの試供品を使用(笑)コンベックスに合う大きさに丸くカットする。

f:id:shiratsume:20190720144615j:plain

カーボンカッティングシートを貼り付けて完成。
磁石の部分が少し盛り上がってるけど、あまり違和感はない。酸素をシャットアウトするので、錆びることはないだろう。唐突すぎてカーボンには見えないけどね。

改良コンベックスを使ってみる

f:id:shiratsume:20190720144816j:plain

こんな逆勾配の場所でも、ペタっと貼り付く。

f:id:shiratsume:20190720144825j:plain

完全な円柱など、線でしか接しない部分だとコンベックスの自重でずり下がってしまうが、このくらいの曲線ならば問題ない。

f:id:shiratsume:20190720144838j:plain

スピーカーのスリット部分でも貼り付く。うーんネオジム磁石恐るべし。

f:id:shiratsume:20190720144909j:plain


定位置はここかな。さっと取れて、さっと貼り付けることができるので大変便利である。なんとなくプロっぽくてカッコいいよね。

f:id:shiratsume:20190720144923j:plain

どこに置いても絵になるなあ(笑)

これでコンベックスいじりはおしまい。
満足満足。



【おまけ】

f:id:shiratsume:20190720144936j:plain

余ったフェライトゴムシートを使って、キーホルダーを加工して貼り付け。こういうモノばかり買っちゃうからお金が貯まらないんだろうね。
ネットで流行っているけど、くまみねさんの仕事猫が好きなのだ。もちろんラインスタンプも購入済。じわじわくる感じがたまらんわ。

kumamine.blogspot.com